このブログをご覧のみなさん、こんにちは。

Visual Studio Online Supports True Cross-Platform Development – Microsoft Application Lifecycle Management – Site Home – MSDN Blogsに関連して手順を調べたのでメモとして残しておきます。

前提条件

  • GitHubのアカウントがある
    • ない場合はこちらからアカウントを登録する

Visual Studio と GitHub を連携する方法

GitHub に空のリポジトリを作成する

こちらから GitHub に空のリポジトリを作成します。

GitHub で管理したいプロジェクトを作成する

Visual Studio 上で、GitHub で管理したいプロジェクトを作成します。

Visual Studio に GitHub の設定をする

[ホーム]->[設定]をクリックします。

Home

[Git設定]をクリックします。

Setting

ユーザ名、電子メールアドレス、既定のリポジトリの場所等を記載し、[更新]をクリックします。

Git Setting

ローカルへのコミット & リモートへのプッシュをする

まず、通常の手順と同様に、ローカルのリポジトリにコミットします。続いて、リモートの GitHub と同期するために、[同期されていないコミット]をクリックします。すると、GitHub のリポジトリの URL を確認してくるので、GitHub のリポジトリの URL を入力し、GitHub を見ると、以下のようにアップロードされます。

GitHub Repository