このブログをご覧のみなさん、こんにちは。

最適なパートナーの見つけ方、またの名を恋愛方程式のサービスを作りました。

Love Equation とある数学の恋愛方程式

切欠

昨日 @sandayuu さんと @nobiinu_and さんの 3 人でハッカソンを行い、以前作成した最適なパートナーの見つけ方、またの名を恋愛方程式を算出する(出落ち)サービスを作りました。

astah* によるマインドマップで深掘り

まず、最適なパートナーの見つけ方、またの名を恋愛方程式をサービス化する目的や課題などを astah* によるマインドマップで深掘りしました。

  • あと何回恋愛できるって自分で判断できるのか?
  • 相手を採点することは可能なのか?
  • etc

“あと何回恋愛できるって自分で判断できるのか?”という課題に対しては当初平均恋愛回数から算出する案がでましたが、ベロシティ、つまり今までの恋愛した回数から判断する、という普通には思いつかない逆転ホームランな案で対処することになりました。

一方で、“相手を採点することは可能なのか?”という課題に対しては、機械学習による年齢や性別認識の方向から模索し、美男美女の度合いまでは判定できることが調査した結果分かったのですが、多数の人が美男・美女と思わない度合いを判定することは困難であるということが分かり、こちらは断念しました。

ハッカソンとその成果

astah* によるマインドマップで課題に対する解決案ができたら後はひたすらハックし続け、以下の通り、最適なパートナーの見つけ方、またの名を恋愛方程式をサービス化できました。以下の画像をクリックするとサービスに飛びます。

Love Equation とある数学の恋愛方程式

@sandayuuさん、@nobiinu_andさん、またハッカソンしましょう!